資格名 ピアノ調律技能士
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 音楽/イベント
資格の説明 ピアノ調律師を対象とした業界唯一の資格。「ピアノ調律技能検定」は国家資格である技能検定制度の一種で2011年よりスタート。技能により1級から3級まであり、学科・実技の両方に合格すると「〇級ピアノ調律技能士」を名のることができる。技能検定は年一回、指定機関により実施されている。
※社団法人日本ピアノ調律師協会は、ピアノ調律職種の技能検定を実施する指定試験機関として厚生労働省より指定され、試験問題の作成、試験の実施に当たっている。
取得方法 学科試験と実技試験があり、それぞれの試験と程度は次のとおり。
■1級・・・グランドピアノ、アップライトピアノの調律ができること
■2級・・・アップライトピアノの調律とグランドピアノの一部の調律ができること
■3級・・・アップライトピアノの基本的な調律ができること
※ここでいう調律は、狭義の調律、整調、修理を意味する。
学科試験の受験資格は等級によって必要とされる実務経験等が異なる。また、実技試験は、学科試験に合格した者が対象。
問い合わせ先 社団法人日本ピアノ調律師協会(指定試験機関)
電話番号 03-3255-3897
資格取得後の
主な進路
社団法人日本ピアノ調律師協会の会員審査に合格すると、より一層の信頼を得られ、さらなる活躍が期待される。