資格名 音響技術者
資格区分 民間資格
資格カテゴリー 音楽/イベント
資格の説明 日本音響家協会による認定制度。音響家技能認定講座の中で行う試験で音響技術者の技能を検定し、プロとしての音響技術者の資格を与えている。
取得方法 能力に応じて1級~3級に分かれ、3級は実務経験が豊富な音響技術者のもと安全かつ的確に作業ができる者、2級はチーフエンジニアまたはオペレータの指示に従い、正確かつ迅速に作業ができる者、1級はオペレータまたはチーフエンジアとして、円滑に音響業務を遂行できる能力がある者を想定。なお、3級を取得するには、認定講座やセミナーを受講するか、日本音響家協会指定の専門学校の課程を修了することが必要。お問い合わせは honbu@seas.or.jp まで
問い合わせ先 社団法人日本音響家協会
資格取得後の
主な進路
音響製作会社やプロダクションに勤める、各地のホール、劇場、公共施設へ就職するなど。実績を積めば、フリーでの活躍も期待できる。