資格名 色彩士検定
資格区分 民間資格
資格カテゴリー マンガ/美術/工芸
資格の説明 色彩にかかわる職業で働く人、色彩を実生活に活用したい人を対象に、色彩の知識・造詣・認識・能力について評価するもの。1~3級までの3段階が設定されている。認定されると色彩の専門家の証「色彩士・カラーマスター」の資格が与えられる。色彩は、心理的、生理的にも重要な要素であり、特にデザインを主とするクリエイティブな領域では、色彩感覚がものをいう。
取得方法 色彩士検定試験に合格すること。検定では「色を扱う人」の能力を測るため、基礎からの幅広い知識と、実際に色を使う技能の両方に重点を置いている。筆記試験では理論問題、実技試験では検定時に支給される画材を用いた演習問題にのぞむ。2・3級には受験資格制限はないが、1級は2級合格者だけが受験できる。検定試験に対応したテキストも発行されている。
問い合わせ先 NPO法人 全国美術デザイン専門学校教育振興会 ADEC 色彩士検定委員会
電話番号 03-6265-0514
資格取得後の
主な進路
デザイン業界、印刷業界、建築業界、アニメ・ゲーム業界など、色彩感覚が問われる職業で知識や技能を生かせる。また、色彩を学ぶことで、服飾やインテリアなどに関するセンスが磨かれ、実生活が豊かになる。

「色彩士検定」に関連するその他の資格