資格名 パターンメーキング技術検定
資格区分 民間資格
資格カテゴリー ファッション
資格の説明 流行の最先端をリードする ファッション業界において、デザイナーのイメージを的確にパターン(型紙)にするのがパタンナーの仕事。デザイナーがデザインしたラインや形を的確・正確に表現するパターン製作の技術・能力、ファッションに関する技術と知識をを検定する。基礎的な3級から、高度な知識と技術を持ちブロのパタンナーとして指導的な能力を発揮できるレベルの1級まで、段階的にその能力を検定する。
取得方法 1~3級があり、各級とも理論・製図科目(パターン作成の基礎、既製服・素材に関する知識など)と実技科目(パターン作成)で実施される。 受験資格は年齢、職業、学歴、性別、国籍を問わない。試験のレベルは3級でファッション(服飾)専門学校などで1~2年間、ファッション造形知識・技術とパターンメーキングに関する教育を履修した程度。2級でファッション(服飾)専門学校などで3年間、ファッション造形知識・技術、工業用パターンメーキングやグレーディングに関する専門的な教育を履修した程度。1級はアパレル企業のパターンメーキング部門などで、量産を前提としたパターンメーキング実務経験を5~6年程度。
問い合わせ先 財団法人日本ファッション教育振興協会
電話番号 03-3354-5021
資格取得後の
主な進路
アパレルメーカーやデザイナー事務所へ就職など。

「パターンメーキング技術検定」に関連するその他の資格

「パターンメーキング技術検定」の取得に関連する学校