資格名 テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)
資格区分 民間資格
資格カテゴリー ファッション
資格の説明 TA(Textiles Advisor=衣料管理士) は日本衣料管理協会が認定する資格で、アパレル製品の素材・加工、企画・設計・生産プロセス、流通・消費、衣服環境など、アパレル製品について幅広い専門的な知識を証明するもの。 衣料の企画・設計、仕入れ・販売、品質管理、消費者相談など企業と消費者間のパイプ役を果たす。具体的 には、商品企画・販売企画・消費者啓発・分析リサーチ・コンサルタント活動を行う。テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)のページを参照のこと。
取得方法 TA資格には1級と2級がある。大学で「材料」「加工・整理」「企画・造形」「流通・消費」「環境」の5つの専門分野について勉強し、所定の単位を履修すると(協会のTA認定一般試験合格をへて)取得できる。1級は4年制大学で43単位以上、2級は短大で28単位以上の科目の履修が必要。現在、TA養成大学として認定されている大学は1級TA養成大学が16校、2級TA養成大学が29校。 試験科目には一般試 験と専門試験があるが、協会の正会員で指定の大学を卒業か、指定の科目を履修すれば、専門試験の全部または一部が免除される。なお、すでに大学を卒業した人は協会の行うTA資格認定試験に合格すれば資格が取得できる(認定試験は誰でも受験できる)。
問い合わせ先 社団法人日本衣料管理協会
電話番号 03-3437-6416
資格取得後の
主な進路
アパレルメーカー、百貨店、素材メーカー、検査機関、国民生活セン ターや消費者センターなどでテキスタイルや アパレル製品に関連する仕事に就く。具体的には、商品の企画・設計、仕入れ・販売、 商品テスト・品質管理、消費者相談・啓蒙・教育、分析リサーチ・コンサルタ ント活動など。

「テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)」に関連するその他の資格

「テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)」の取得に関連する学校