資格名 入国警備官
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 公務員/法律
資格の説明 正式な手続きを経ないで日本に入国してきた不法滞在外国人に関するさまざまな業務を行うのが入国警備官。不法入国、不法残留している外国人の違反事件を調査したり、収容令書や退去強制令書を受けた外国人を摘発し、収容・護送・送還などにあたる。入国者収容所の警備や、収容者の処遇も任務のうちである。
取得方法 1次試験、2次試験からなる採用試験を受験し、合格すること。受験資格は試験実施年度の4月1日現在、17歳以上23歳未満の日本国籍の男女。1次試験は一般的な知識・知能を測る筆記試験と作文で、2次試験で人物試験(個別面接)、身体検査・身体測定・体力検査が行われる。身体基準に該当しないと合格できない。
問い合わせ先 法務省入国管理局総務課人事係、または各地方入国管理局
電話番号 03-3580-4111(代)*上記リンクは法務省入国管理局
資格取得後の
主な進路
試験に合格すると採用候補者名簿に記載され、おおむね翌4月以降に、各地方入国管理局、同支局、入国管理センターに配属される。公安職として、一般の国家公務員より高い水準の俸給が支給される。

「入国警備官」に関連するその他の資格