資格名 航空管制官
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 公務員/法律
資格の説明 飛行場への離着陸や飛行経路の指示、航行の安全のための天候情報提供など、空の安全を守るのが航空管制官の仕事。他の国家公務員資格と異なり、航空保安大学校で研修を受けた後、各空港での訓練、航空管制官としての技能試験を受けてはじめて正式の航空管制官となる。かなりの英会話力も必要で、合格率10%未満の難関である。
取得方法 まずは、国家公務員II種レベルの、航空保安大学校の航空管制科の試験に合格し、2年ないし、半年の研修を受ける必要がある。試験は年1回で、1次試験は多肢選択式教養試験、外国語試験、適性検査。合格すると2次試験に進める。2次では簡単な英会話、個別面接、身体検査、身体測定が行われる。なお、航空管制官になるためには、大学校での研修と各空港での訓練を経て、航空管制官技能試験に合格しなければならない。
問い合わせ先 国土交通省 航空保安大学校 教務課
電話番号 072-458-3917
資格取得後の
主な進路
勤務地は、全国各地の航空路管制施設、飛行場管制施設、レーダー管制施設など。24時間体制のハードな職場だが、専門職として将来性の高い仕事である。

「航空管制官」に関連するその他の資格

「航空管制官」の取得に関連する学校