資格名 2級管工事施工管理技士
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 建築/土木/インテリア
資格の説明 冷暖房設備工事、下水道配管工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事など、建設工事のなかでも大きな比重を占める配管設備工事全般を取り扱う専門家としての資格。施工計画を作成したり、自ら現場で作業したり、安全管理を行う。資格区分には1級と2級があり、2級施工管理技士者は、一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所の専任技術者および工事現場の主任技術者となる。
取得方法 学歴や資格に応じた一定の実務経験を満たし、国家試験に合格するか、(財)全国建設研修センターの実施する所定の講習を受けて取得する方法がある。試験科目は学科試験が、一般基礎、空調設備、衛生設備、電気、建築、建築設備一般、施工管理、法規で、すべて4肢択一方式。実地試験は「施工計画、安全管理、品質管理、工程管理」のいずれかの経験記述と記述式問題となる。
問い合わせ先 財団法人全国建設研修センター 管工事試験課
電話番号 03-3581-0139
資格取得後の
主な進路
2級管工事施工管理技士は、一般建設業の管工事許可を受けるときの技術者要件で、許可を受けると請負金額が500万円以上となる管工事の元請け工事を請け負うことができることから、建設業での評価は高い。

「2級管工事施工管理技士」に関連するその他の資格

「2級管工事施工管理技士」の取得に関連する学校