資格名 木造建築士
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 建築/土木/インテリア
資格の説明 木造建築物の設計および工事監理をおこなう。伝統的な木造建築物の施工品質の確保と向上を目的として昭和59年にできた資格。レベル的には二級建築士と同等である。
取得方法 高校の建築課程または土木課程卒業後、建築関係の実務経験が3年以上、または大学、短大、専門学校の建築科・土木科卒業後、実務経験1年以上、または実務経験7年以上あれば受験できる。
問い合わせ先 財団法人建築技術教育普及センター
電話番号 03-5524-3105
資格取得後の
主な進路
建設会社、建築設計事務所、住宅メーカーなど。独立するケースも多い。