資格名 陸上無線技術士
資格区分 国家資格
資格カテゴリー 機械/電気/電子
資格の説明 ラジオ局やテレビ局など放送局の送信所や、NTTやKDDなどの電気通信事業所で無線設備の技術操作ができる資格。操作範囲によって1級と2級の2種類ある。第2級無線技術士は空中線電力2キロワット以下の無線設備やテレビの放送局の空中線電力500ワット以下の無線設備を扱うもの。第1級無線技術士は無線通信の操作技術の最高の資格で、操作範囲も広い。
取得方法 年2回実施される試験を受ける。受験資格に制限はなく、筆記試験はすべて多肢選択式(マークシート式)。1、2級とも科目は無線工学基礎、無線工学A、Bと法規である。そのほか級に応じた操作技術の実技試験がある。試験で合格した科目は3年有効となるほか、一定の業務経歴がある者、認定学校卒業者は科目の一部あるいは全部の免除がある。
問い合わせ先 財団法人日本無線協会
電話番号 03-3533-6022
資格取得後の
主な進路
就職先は放送局、電話会社、気象庁、警察庁、海上保安庁などさまざま。人気も高く、ニーズ、将来とも有望な資格。

「陸上無線技術士」に関連するその他の資格

「陸上無線技術士」の取得に関連する学校