資格名 溶接管理技術者
資格区分 民間資格
資格カテゴリー 機械/電気/電子
資格の説明 溶接技術によってつくられた構造物の品質保証を目的に制定されたISO 14731、WES 8103に基づいて、日本溶接協会が設置した資格。資格取得者は、溶接施工と関連する作業や工程の総括的な計画と管理を行う。責務、知識及び職務能力によって、特別級、1級、2級に分れ、特別級は全般的業務、1級は溶接一般の施工計画と技術管理、施工基準の決定など、2級は溶接および関連作業の監督指導、現場管理、施工記録書の作成などを行う。
取得方法 日本溶接協会が年2回実施している試験を受け、合格すれば取得できる。受験資格には、各レベルに応じた学歴や実務経験が必要。最初の筆記試験では、溶接力学、溶接設計、溶接法、溶接施工および管理、安全衛生などの9科目が課され、1ヵ月後の口述試験で、溶接施工と管理に関する知識と経験について審査される。口述試験は、日本溶接協会指定の講習会を修了した者は、原則として免除される。
問い合わせ先 社団法人日本溶接協会
電話番号 03-3257-1525
資格取得後の
主な進路
認証者の保有や常駐が、官公庁の工事発注の必須条件となることもあり、建築、建設業界など様々な業界で求められている。昇進や昇給も期待できる。また、ISO 14731に基づいた試験なので、活躍の場が海外に広がる可能性もある。

「溶接管理技術者」に関連するその他の資格

「溶接管理技術者」の取得に関連する学校