資格名 家電製品エンジニア
資格区分 民間資格
資格カテゴリー 機械/電気/電子
資格の説明 家電製品関連などの業務で、製品の設置・接続・セットアップ、ソフトトラブルのリカバリー、故障の修理サービスに携わる者を対象とし、消費者からの要望に迅速に対応できる修理技術者育成をめざして設置された資格。冷蔵庫・洗濯機などを扱う生活家電資格とテレビ、テレビ・DVD/HDDレコーダーなどを扱うAV情報家電資格の2種類あり、両方の取得で総合エンジニア資格を得ることができる。
取得方法 基礎技術と応用技術に関する筆記試験が行われ、基礎技術では、理論や動作原理に関する知識の有無と理解、応用技術では、実践的な知識とソリューション能力が問われる。受験資格は特にない。試験は年2回(9月・3月)、全国主要都市で実施される。AV情報家電、生活家電とも同日受験が可能。資格の有効期間は5年間で、有効期間満了前に更新講習を受講することによって、新たに5年間有効期間が延長される。
問い合わせ先 財団法人家電製品協会 認定センター
電話番号 03-3595-0561
資格取得後の
主な進路
修理業務は資格がなくてもできるが、技術者の需要は多く、故障修理のアフターケアを必要とする電気店やリサイクルショップをはじめ、関連企業への就・転職を考えている者には有利な資格である。

「家電製品エンジニア」の取得に関連する学校